バレトンの由来…「バレ」はバレエ、「トン」は身体の筋肉を整えるという意味の造語です。

発祥の地…ニューヨークのバレエダンサーによって作られたプログラムであり、日本では2007年から本格的にプログラムを始動しました。初めてバレトンのクラスを行ったのはスポーツクラブNASさんです。

どんなプログラムなのか…
バレトンはどなたでもチャレンジできます!バレエのコンディショニングで、筋力・柔軟性・心と体の融合を得ることができます。
関節に優しいローインパクトです。強度はいかようにもハードにできるので、きつくないとは言いにくいですが”シンプル””イージー”なプログラムです。

バレトンには3つの種類があります。

(1)バレトン ソール・シンセシス ・・・フィットネス&バレエ&ヨガの3つの要素を融合した、
新感覚のフュージョン系エクササイズ。

(2)バレトン スタンディング・フロー ・・・
バレエの要素を主にしている、マインド&ボディ系エクササイズ。

(3)バレトン センター・ムーブス ・・・
バレエの要素にカーディオパートをプラスしたインターバルワークアウトエクササイズ。

バレトン公式動画

バレトン(ソール・シンセシス)クラスの内容、構成

クラスの時間:45分~60分
クラスの構成:ウォーミングアップ、メインエクササイズ、クールダウン
クラスの内容:
ウォーミングアップ・・・3点の重心移動、フットエクササイズ(足指、足首中心に動かす)、アライメントエクササイズ(上肢を中心に動かす)、上肢と下肢を組み合わせて全身を動かす、フィットネス・バレエ・ヨガの代表的な動きの練習
メインエクササイズ・・・フィットネスの動きを用いたシークエンス、バレエの動きを用いたシークエンス、ヨガの動きを用いたシークエンス
クールダウン・・・コアエクササイズ、ストレッチ

どんな効果があるのか…3つ(フィットネス・バレエ・ヨガ)の要素を組み入れることで、全身の筋力バランスの向上、柔軟性の向上、心肺機能の向上、さらに脂肪燃焼も期待できます!またバレトンは、「裸足」で行うことが特徴です!裸足で行うことによって足裏の感覚を目覚めさせます!普段あまり考えない足裏の重心を意識することで、姿勢矯正にもなり、体の筋バランスを整えることも期待できます。

どんな格好で行うのか…動きやすい格好であれば何でもOK!“ノンシューズ”なので荷物も少なくていいしラッキーです!器具などは使用しません。前後左右に両手を広げてぶつからないくらいのスペースがあれば大丈夫!

バレトンで汗を流す方はどんな人が多いのか…若年層から年配の方まで幅広いです。また、女性に限らず、男性の参加者も多くみられるようになりました。

音楽に合わせてるのか…バレトン用に開発された特有の音楽にのって動いていきます。それは歌声が入っている音楽もありますが、ほぼインストルメンタル(歌声が入っていないもの)です。そのため、集中力が高まり、自分の身体と向き合いながら動くことができます。
※推奨CD Balletone専用CDサイトはこちら
※推奨CD FPmusicJAPANのCDサイトはこちら

バレトンに参加されている方の声…痩せた!汗を知らないうちにたくさんかいている感じ!クラスが終わったあと、とっても達成感がある!ちょっとでも優雅にバレエをやったぁというような気持ちになれて嬉しい。お腹周りがすごくすっきりしました!筋トレが嫌いだったけど、バレトンをやるようになってからちょうど良い筋肉がついてきた!楽しくできる!

バレトンを体験するには?…スポーツクラブやスタジオ、カルチャースクールなどでバレトンのクラスが展開されています。詳しく知りたい方は「バレトン導入施設詳細」ページをご覧下さい。

バレトンをお家で気軽にやりたい方にお勧め…スポーツクラブやカルチャースクールに通う時間がない!という方必見です!㈱角川マガジンズさんよりレタスクラブムック本として「バレトン・メソッド」本+63分DVD付き「バレトンダイエット」本+85分DVD付きが出ております!各1,470円です!バレトンは狭いスペースでもできるので、お家で気軽に体験することができます!”二の腕””腰周り””背中周り””お腹周り”などの部分痩せメソッドも紹介されてます!

~FLOW~
functional linking of movements without stopping

米国でのバレトンサイト↓
http://www.balletone.com/